ブログ運営の知識

特化型ブログ初心者でも簡単に月収1万円を稼げてしまうジャンルとは?

特化型ブログを初めて作るだけじゃなく、なにか始める時には「いくらかのリターン」を得たいと思いますよね?

これは何もあなただけじゃなく、僕だって時間を割くなら成功したいと思っています。

今回は、月1万円を簡単に稼げてしまう特化型ブログのジャンル候補、戦略を包み隠さずお伝えしていきます。

この記事の内容を知ってしまえば、あとはあなたのブログに記事を入れるか、ブログを改めて立ち上げるだけの状態になれます。

1:今から特化型ブログを作って稼ぐなら・・・?

僕はトレンド性があるジャンルを狙っていきますねっ!

 

1−1:トレンド性があるジャンルとは

実は、全部のジャンルにトレンド性があります(笑)

って言いたいのですが、それは良くないのでいくつか羅列してみましょう。

  1. マンガ
  2. 据え置き・ネット・スマホゲー
  3. ファッション
  4. 全国展開のカフェ・マックやモスなど
  5. コラボカフェ
  6. リアル脱出ゲーム系
  7. スマホの機種

その他にも、たくさんのジャンルがありますね。

では、この中で最も取り組みやすく、最も稼ぎやすいのはどれかというと、僕は「マンガ」を押します。

 

1−2:なぜ、マンガが最も稼ぎやすいと押すのか?

その理由は「トレンド性とネタの豊富さが群を抜いているから」です。

あなたがコンビニ、書店に立ち寄った時に見かける雑誌名を挙げてみてください。

20〜30冊分くらい言えたら十分な方ですよね。

 

しかし実は、細々とした雑誌まで合わせると、マンガ雑誌の数は100を超えます

さらに最近はスマホアプリで連載する漫画もあるため、そちらも含めたらもっと多くなります。

とにかくマンガは作品数つまり、「人と被りにくい上にネタ自体が豊富」だから稼ぎやすいのです。

 

2:マンガブログを作るときの収益源について

マンガブログは大きく分けて

  1. アドセンス
  2. VODサービスの登録
  3. 電子書籍サービスの登録
  4. Amazon・楽天等のネットショッピング

これらがメインの収益源になります。

 

さらに報酬が大きい順に並べ替えると

  1. 電子書籍サービスの登録
  2. VODサービスの登録
  3. アドセンス
  4. Amazon・楽天等のネットショッピング

このような順番に並べ替えられます。

 

2−1:どれが最も収益を伸ばしやすいか?

僕が2年以上前に作ったマンガのブログでは、電子書籍サービスの訴求が一番収益を伸ばしやすかったです。

しかし、それから日が経たないうちに「漫画村」がやってきて、電子書籍サービスの訴求は一気に下火になりました。

その状況が変化し、今ではVODの登録時にもらえる「無料ポイント」を使った訴求が、一番収益を伸ばしやすい状況に変わっています。

 

2−2:ブログはどのように記事を更新していくか?

ブログの更新は大きく分けて2つの意味があります。

  1. アクセス集めの記事
  2. 売るための記事

マンガの場合は両方大事なのですが、まずはアクセスをブログに集めなければドメインが強くならず、将来的に強いブログに育ちません。

だから、最初にやるべきことは「アクセスを集める記事」をたくさん書くことです。

 

2−3:アクセスを集める記事の種類について

アクセスを集める記事と言っても、細かく分けるとたくさんの種類があります。

  1. ネタバレ
  2. 発売日
  3. 名言
  4. 考察
  5. キャラ名関連
  6. 休載・再開
  7. ○○編

というようなキーワード群から、ユーザーの検索需要があるものをピックアップし、記事として投稿していきます。

 

2−3−1:最も簡単にアクセスが集めやすいキーワードの種類とは?

それはネタバレ発売日ですね。

その理由はネタバレも発売日も、「未来」のことだからライバルが少なくなります。

トレンドアフィリエイトで未来ネタを推奨していたのは、まだライバルが少ない状況で記事を書くと上位表示されたからでした。

 

マンガの場合は「作品名+ネタバレ+話数」か、「作品名+○巻(最新刊)+発売日」で検索すると、ガクッとライバルが少なくなります。

その理由は、さっきも言ったように「未来」に2つのキーワードは分類されるため、まだライバルが書いていないからです。

だから、ブログが立ち上げた初日でもアクセスを簡単に集められるのです。

 

3:月に何記事を更新すればいいの?

ここはトレンドアフィリエイトと同様に「数勝負」です。

そのため、入れられる記事の多さは、多ければ多いほど有利となります。

理想を言えば5記事〜7記事は1日で入れられると、初月から1万円どころか3万円も見えてきます。

 

しかし、あなたが特化型ブログどころかブログ自体に慣れていない場合、またはお仕事で忙しいのなら、1日3記事のペースは絶対に守りたいところですね。

もしも、それ以下のペースになる場合は外注さんに頼っていきましょう。

 

4:訴求記事はどのように書くべきか?

最近、僕が考える訴求の記事は「ユーザーにとって最善の選択になるルート構築」をした記事でした。

今、マンガはアプリで無料で読めたり、試し読みでいくつか読めたりします。

さらには、違法な方法に手を染めてもいいなら、無料訴求したサービスを使わずに読むことも可能です。

 

つまり何が言いたいかというと、「ユーザーが納得した上でVODサービスなどに手を伸ばせる記事にすること」を目標にして書いています。

そうするには、僕が損をする(成約に結びつかない情報)も、しっかりと載せなければいけません。

そのような記事を書くには、他のサイトよりも圧倒的な情報が必要です。

 

4−1:圧倒的な情報が必要というが、どうすればいいのか?

ここは頭を捻るところであり、リサーチをしていくべきところです。

絶対的な正解が無いので、常に仮設と検証を繰り返すことになります。

ただ、マンガの場合はヒントがゼロというわけじゃありません。

 

Amazonや大手電子書籍サイトを隈無く見渡せば、記事に盛り込むべき情報が自然と見えてきます。

そこを上手くブログに落とし込むことができると、他のブログよりも一味違った記事にすることができるでしょう。

 

5:10万円を目指す前に1万円でも稼ぐことが大事

僕もでしたが、一度でもブログ以外でお金を稼いだ経験があると、すぐに大きな金額を見てしまいます。

だから、ブログで稼ぐ夢や理想と現実のギャップに挟まれ、心がへし折られてしまうことがあるんですよね。

そうならないためには、まずは目標の金額を細かく区切り、ハードルを低くすることが大事です。

そして、この「ハードルを低くする」というのは、目標達成を目指す上でとても大事な考えなので、ぜひ沢山の場所で応用してみてくださいね!

月収10万円稼ぐ特化型ブログ構築メール講座